君は小宇宙を感じたことはあるか? 



■セキタンザン

839839-gi
特 性:じょうききかん
性 格:ひかえめ
持ち物:パワフルハーブ
努力値:H92 C252 S164
実数値:197-xx-140-145-110-71
メテオビーム/だいもんじ/ソーラービーム/こらえる

鎧の孤島にて新規習得した念願の岩特殊技『メテオビーム』を搭載し、
小宇宙のチカラをその身に宿したセキタンザン。
今まで特殊岩技は原始の力しかなかった彼にとっては非常に大きな強化である。

さらに、新シーズン開始に伴い登場したウーラオス等の格闘に強いトゲキッス
名実ともにゴリラとなったゴリランダ―に対して強いリザードンなど、
セキタンザンが有利に戦える相手は現環境かなり増えている印象。
まぁリザードンは熱砂の大地持ちだと負けかねないが


■詳細

努力値だが、Cは種族値80とかなり控えめであるためにCぶっぱ。
メテオビームのC上昇もあり、馬鹿にできないぐらいの火力は出せるようになる。

Sは蒸気機関発動時(S+6)にS+1最速エースバーンを抜ける程度まで振っている。
炎技への受け出しを狙うほか、水タイプ対面で堪えて無理やり発動させることもできる。
先制技を持たない相手に対してなら返り討ちにできる可能性もある。

残りはHに回したが、耐久は無振りでも結構高いのでいっそSに振り切ってもいいかも。

特性は蒸気機関一択。
他の特性も悪くはないのだが、蒸気機関というせっかくの固有特性なのでを活かしたい。
元のSは超鈍足だが6段階上がれば流石に速い。

キョダイマックスか通常ダイマックスかは好みの問題だが、
キョダイフンセキのスリップダメージは4ターンの間1/6純粋にクソ強いのでキョダイにした。
ダイロックの砂嵐で特防強化も悪くはないのだが、
セキタンザンは元から耐久あるので砂嵐無しでもあまり問題なかったりする。
とはいえ砂嵐込みなら特殊水技も普通に耐えたりするので使い道はある。


■技

メテオビームは今回の肝なので確定。
いわゆる溜め技であり、溜めターンにCが1段階上がる。
パワフルハーブ前提だが、C1段階上げながら威力120というとんでもない技になる。
命中90はご愛嬌。外しても泣くな。一応外してもCは上がるぞ!

炎技は大文字。外しても泣くな。
元のCが低めなので、それを補うべく技の威力を重視した。
オーバーヒートや燃え尽きるなども威力が上の技もあるものの、
他がメテオビーム・ソーラービームとクセが強すぎる技ばかりなので・・・
せめて普通に打てる技はひとつは欲しいところ。
ちなみにダイマックス時はどれも威力は同じ。

ソーラービームは水を返り討ちにするための技。
一応パワフルハーブでこちらを素撃ちすることもできる。
ちなみにダイソウゲンとして使った際に発動するグラスフィールドが
回復による耐久アップ・地震などの威力半減がセキタンザンと妙に噛み合って強い。

こらえるは前述の通り蒸気機関の無理矢理発動に使う他、
相手のダイマックスターン削りや自身のダイウォール変換用など意外と用途が多い。
なお、無駄に堪えてダイナックル等の起点にされないように気を付けよう(n敗)

他には大地の力熱湯など、微妙に多彩な技ラインナップがあるぞ!



■ダメージ計算

●与ダメージ(DMは相手のダイマックス)

・メテオビーム(C+1)
i468トゲキッス
無振り:136.3~161.3%(確定1発)/DM:68.1~80.6%
H252  :113.5~134.4%(確定1発)/DM:56.8~67.2%

i637ウルガモス
H252:245.8~289.6%(確定1発)/DM:122.9~144.8%
H252(D+1):164.6~195.8%(確定1発)/DM:82.3~97.9%

i130ギャラドス
無振り:144.7~170.6%(確定1発)/DM:72.4~85.3%
H252:121.8~143.6%(確定1発)/DM:60.9~71.8%

i815無振りエースバーン
等倍時:99.4~118.1%(高乱数1発)/DM:49.7~59.0%
半減時:49.7~58.7%(高乱数2発)/DM:24.8~29.4%

i233輝石ポリゴン2
H252:44.3~53.1%(低乱数2発)/C+2:59.9~70.8% /C+3:75.0~88.0%
HD特化:31.8~38.0%(高乱数3発)/C+2:42.7~50.5% /C+3:53.1~63.0%

・大文字
i598ナットレイ
HD特化:112.7~132.6%(確定1発)

i823アーマーガア
H252:82.9~99.5%(確定2発)/C+1:125.9~149.3%
HD特化:58.5~70.2%(確定2発)/C+1:88.8~105.4%

・ソーラービーム
i423-eトリトドン
HD252:82.6~99.1%(確定2発)/ダイソウゲン:95.4~113.8%

i479wウォッシュロトム
H252:66.2~79.0%(確定2発)/ダイソウゲン:77.7~91.7%

i730アシレーヌ
H252:52.4~62.0%(確定2発)/ダイソウゲン:59.9~71.7%

i450カバルドン(※砂嵐時はソーラービームの威力が半減するので注意)
H252:33.5~40.0%(確定3発)/ダイソウゲン:78.1~92.1%
HD特化:23.3~27.9%(乱数4発)/ダイソウゲン:52.1~62.3%


C種族値は低めながら、技威力とメテオビームのCアップで思ったよりも火力が出る。
フンセキでのスリップダメージもあるので積極的にダイマックスを切っていきたいが、
メテオビームを撃たなければCが上げられないという地味なジレンマがある。

ポリゴン2などの低火力耐久型にはメテオビームを連打するヤンキープレイもできる。


被ダメージ(H197-B140-D110)

i468C特化トゲキッス
エアスラッシュ:18.3~21.8%(乱数5発)/ダイジェット:32.0~38.1%
C+2エアスラッシュ:36.5~43.7%(確定3発)/ダイジェット:64.0~75.1%

原始の力:39.6~47.7%(確定3発)/ダイロック:73.1~86.3%
C+2原始の力:79.2~93.4%(確定2発)/ダイロック:144.2~170.6%

i637C特化ウルガモス
ギガドレイン:26.9~32.0%(確定4発)/ダイソウゲン:46.2~54.8%
C+1ギガドレイン:40.1~47.7%(確定3発)/ダイソウゲン:69.0~81.7%

i006C特化リザードン
熱砂の大地:87.3~103.6%(低乱数1発)/ダイアース:148.2~174.6%

i130A特化ギャラドス
飛び跳ねる:16.8~19.8% /ダイジェット:25.9~30.5%
滝登り:127.9~152.3%

i815リベロ陽気エースバーン@命の珠
飛び膝蹴り:116.2~138.6%(確定1発)/ダイナックル:87.3~103.0%(低乱数1発)

上記被ダメはこちらがダイマックスすれば大体半分になると考えて良いです。
素でも等倍以下ならば余裕で耐え、ダイマを切れば4倍弱点も耐えうる。

総じて攻撃面でも防御面でも、
ダイマックスの使い所の見極めが大事なポケモンだと言える。






余談だが、メテオビームの技エフェクトはとても美しい。
メテオ