”スター”と呼ばれる者たちがいる。

彼らはいつも全力で、命を燃やしながら生きている。

その人生をかけた煌めきに、人々は魅了されるのです。

何いってんだコイツ


■スターの実

starfberry
『スターの実』というアイテムがある。
HPが1/4以下になった際に発動し、どれか一つの能力を2段階アップさせる木の実である。

現状、カムラやアッキなど1段階しか上がらない木の実は意外に多く使われており、
この2段階上げられるスターの実はそれらの2倍強いと言えるのではないだろうか?

だが実際の対戦ではほとんど使われることは全くと言っていいほどない。
何故だろうか?

・能力アップの不安定さ

まずアップする能力がランダムという点。
欲しい能力を引くことができれば非常に強力なのだが、
攻撃・防御・特攻・特防・素早さの中からそれを引ける確率は1/5しかない。
物理アタッカーでCが上がったり、特殊アタッカーなのにAが上がったり・・・

さらに発動条件を満たした時点でHPが1/4であるため、
BやDが上がっても活かしにくいという点も看過できない。

・チャンスが1度きり

上記の通り不安定であるにもかかわらず、発動チャンスは基本1度きりしかない。
リサイクルで複数回使うという手もあるが、わざわざ技1つと持ち物を使って
ようやく能力を2段階上げるだけというのはあまり強いとは言えない。
それなら剣舞だの鉄壁だのを使ったほうが手っ取り早いだろう。


これらの問題により、スターの実は使われていないのである。
スターという称号はそう易々と得られるものではないようだ・・・




だが、もし・・・

これらの問題をものともしないポケモンがいるとすれば、
それは紛れもないポケモン界のスターであると言えるのではないだろうか?



それが今回紹介する「スター☆カビゴン」である。


■スター☆カビゴン

143143-gi
特 性:くいしんぼう
性 格:ようき
持ち物:スターの実
努力値:H4 B252 S252
実数値:236-130-117-××-130-90
空元気orのしかかり/ヘビーボンバーorアイアンヘッド/ヒートスタンプor炎のパンチ/腹太鼓

スターダムへとのし上がるキョダイカビゴン。
Hに4振って偶数調整、耐久を重視してBぶっぱ、そして最速仕様
どうせ腹太鼓するのでAには振っていない。

腹を叩くことで特性くいしんぼうにより迅速にスターの実を発動して能力強化、
その上で「キョダイサイセイ」でスターの実を回収してさらなる強化を狙っていく。
うまく行けば最初の発動+回収3回で最大8段階もの能力上昇が可能である。

このカビゴンはスターの実が抱える問題を最大限カバーできるのだ。


まず『能力アップの不安定さ』について

先述の通り、スターの実で上がる能力は本来ランダムであり、
攻撃・防御・特攻・特防・素早さの1/5の確率である。

だが、実はすでに限界まで上がっている能力は上昇の対象にならないので、
腹太鼓で攻撃を6段階ブチ上げることでまず1/4にまで絞ることができる。

特性の食いしん坊により木の実の発動が早いため、
スター発動後でもHPが半分残っており、ダイマックスでHPを倍にすることもできる。
これによりBやDの上昇が全く無駄にならない

さらに、普通のカビゴンであればSが2段階上がってもありがたみが少ないが、
このカビゴンは陽気最速、実数値にして90の素早さがある。
Sアップを引けば実数値180で最速110族を抜き去る俊足になれるのだ!
2回Sアップを引くことができれば実数値270、3回Sアップで360だ!速い!
この速さで動くA+6カビゴンがどれ程恐ろしいかなどもはや語るまでもないだろう。

つまり今回のカビゴンであれば特攻以外が上昇すればアドが得られ、
3/4の確率での当たりは、不安定ではないと言っても過言ではない


次に『チャンスが1度きり』という問題について

これはキョダイカビゴンの専用技「キョダイサイセイ」により、
攻撃をしながら使ったきのみを回収できるため全く問題にならない。
無駄に技スペースを使うこともなく、無駄なターンを使うこともない。
攻防一体の最強技と言えるだろう。

たしかにダイマックスは3ターンしか使えないという制限はあるが、
3回もスターを回収している時点で試合はほぼ終わっているだろう。

このポケモン界の大スターカビゴン様に欠点などないのだ!








まぁ当然あるけど。

■欠点

・回復できない

腹太鼓を使うことを前提であるため、実質耐久は半分しかないわけなのだが、
通常の腹太鼓カビゴンはその点を補う混乱実(いわゆるピンチベリー)を持っている。
だがこのスターカビゴンは回復できないので迅速に試合を決める必要がある。
スターの輝きというのは一瞬の煌めきなのである。

・Sが足りない

2段階アップでようやく180、十分速いっちゃ速いのだが
それ以上の素早さを持つドラパルトが環境に跋扈しているため少し厳しい。
とはいえ相手の型にもよるが、BかDが上がっていれば十分殴り合うことはできる。

・キョダイサイセイできのみが回収できないと弱い

これはこの型に限った話ではないのだが、キョダイサイセイのきのみ回収率は50%。
発動しないときは全然発動しないので、善行を積んで発動するように祈りましょう。
また、環境にゴーストが多いため気軽にサイセイが打ち辛いのもやや逆風か。

・特攻ばかり上がる

日頃の行いを改めましょう。





使っていて楽しいので皆さんもこのカビゴンでスターダムへとのし上がりましょう。